【スラムダンク】メガネ君の名シーンは3Pだけじゃない件

どもっあいろんです!

メガネ君といえば陵南戦の3Pがまず思い浮かびますよね。

しかし!メガネ君の良さはあの3Pだけではないのです。

マネージャーの彩子はゴリとメガネ君を「湘北バスケ部名物アメとムチ」と称しています。

湘北のアメとしても活躍しているみたいなんです。

なので「メガネ君は名物といわれるほどちゃんとアメになれているのか」を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

メガネ君とは?

本名:木暮公延

湘北の副キャプテンで練習ゴリゴリなゴリのスパルタをフォローする役割が多い。

陵南戦での3Pは作中屈指の名シーンに挙げられることが多いです。

三井乱入ケンカ編ではかわいいうさぎが描かれたTシャツを着てその圧倒的なファッションセンスを読者に知らしめた。(お母さんが買ってる説あり)

そんな副キャプテンとしてちゃんとアメになれているのでしょうか?

メガネ君のアメを徹底調査

名物とかあおっていたけどたぶん桜木へのアメしかない(確信)

なのでそこを中心にみていきましょう!

桜木の成長を促進させるアメ

晴子との特訓の成果もあってレイアップを習得した桜木。

そんな桜木に「こんなに成長の早いやつは初めてみたよ この調子でガンバレよ桜木」とほめています。(3巻83P)

これは事実である部分もあると思います。作中の桜木の成長スピードは驚くほど早かったですからね。

陵南との練習試合前夜に赤木と二人で喫茶店にいる場面でもそれは語られます。

なんか今見るとゴリが喫茶店にいる違和感がヤバいです。3巻持っている人は見てみてください。


(引用:3巻97P)

桜木が将来大物になると予感しているメガネ君。ここら辺はゴリも感じていますけどね。

ここのメガネ君は完全にアメとして機能していると思います。

この前にゴリは桜木に甘えるなと言わんばかりの厳しい言葉を投げかけます。

お調子者の桜木にはゴリの叱責も必要ですがそれだけではやはりモチベーションは上がりません。

なのでこのシーンは桜木のやる気がなくならないようにメガネ君はアメとなっているわけなんですね。

桜木の飛躍的な成長にメガネ君のアメは一役買っているというわけですね。

ゴール下シュート練習時のアメ

武里戦前のシュート練習時にメガネ君はゴリと一緒になって練習することになります。

ダメだ!!ディフェンスを意識しすぎて雑になってるぞ!!」

とムチを与える赤木に対して

よーーーし今のはいいぞ!!そのフォームだ!!」と小暮は良いところをしっかりと伝えています。


(引用:16巻61P)

ここもちゃんとアメになっているんですよね!

思った以上に副キャプテンとしてはアメしてるわメガネ君。

ゴリラダンクⅡへの賛辞

対陵南戦で魚住の圧倒的なパワーの前につぶされてしまった桜木の「ゴリラダンクⅡ」。

そんな桜木に「桜木大丈夫なのか!?背中から落ちただろう」とまずはジャブ程度のアメ。

ある程度調子に乗せた後にケツをポンと叩きながら「ゴリラダンクⅡおしかった いいプレイだったよ」と追いフォロー。


(引用:18巻116P)

極めつけに「勝とうぜ桜木」とエールを送っています。

完璧です。

ここで桜木は「あさっての陵南戦が最後だ」というメガネ君のセリフを思い出します。

この時の桜木には「メガネ君をIHに連れて行くんだ!」という気持ちが絶対にあったと思います。

このメガネ君のアメが桜木の勝利への執念をより強くしていることは明らかです。

ちゃんとアメしてるわ

簡単ではありますがメガネ君がアメしてるところをまとめてみました。

感じたのは意外とアメしてたってことです。疑ってしまったのが申し訳なくなるレベルですね、、、

そのアメがしっかり桜木に良い影響を与えていることもわかりましたね。

さすがはメガネ君!だてに眼鏡をかけてないってことですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*