【スラムダンク】宮益のすごさがわからない人が見るべき記事!

バスケットマンガの金字塔「スラムダンク」

主人公桜木花道擁する湘北高校の屈指のライバル校である

【海南高校】 

その海南でも一際異彩を放っているのが宮益義則

高校からバスケを始めた彼はネット民から

「全国常連校で初心者がベンチ入りできるのはおかしい」
「うわ背もない、これといったスキルもない選手がなぜ?」
「メガネのセンスが絶望的」
 

といった批評の的になりがちである。 

そんな人たちに私は声を大に言いたい…

宮益義則は海南になくてはならない選手であると

その要素は湘北戦を見るだけで多く読み取れるだろう。

 

スポンサーリンク

宮益のすごいところ


その①己を知り尽くしたうえでの煽りっぷり
images (5)
160cmというバスケット選手としては

致命的に低い己の身長を生かしてのこの煽り。

普通の選手ならこのハンデを埋めるのに、ドリブルやらシュートやらを極めていくのだが宮益は違う。

自分の身長の低さをあえて引き合いに出して、桜木とマッチアップを有利にすすめているのだ。

自分よりも30cmも低い選手にこのような挑戦的な言葉を投げかけられたこの時の桜木の屈辱は計り知れないだろう。

これは自分の特徴を長所、短所を問わず、知り尽くしている宮益にしかできないことなのである。

その②ベンチでの智将っぷり

images (4)
これは宮益の本役割といえるだろう。

普段は先発でつねにプレーしている隣の神宗一郎は自分の3pのことで頭がいっぱいになっている中、

宮さんは直前までプレーして疲れているにもかかわらず、
今のチームがどのような状況か判断したうえで、しかもわかりやすくどの程度の点差を開けとけばいいのかを教えてくれているのである。

酸欠で頭が回っていない中、これだけ素早く状況判断できるのは並大抵の頭脳を持っていないことがわかる。

スポーツはプレーしている人だけではなく、チーム全員でプレーするのだということを宮さんは 体現しているのである。

その③常に何かに気づいていそうなメガネの下に隠れた瞳っぷり

29kotti

いったい彼の眼鏡の奥に隠された瞳はなにを考えているのだろう……

29kotti

そのミステリアスな瞳を想像し思い悩むこと自体が、我々は彼の思惑通りになってしまっているということだろう……

29kotti

そんな彼は間違いなく陵南のキーパーソンであるはずやでぇ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. コメントに定評のある池田 より:

    はじめまして!
    スラムダンクが好きで海南の武藤について検索してたらこの記事にたどり着きました。

    宮益は私も好きなキャラです。
    身体能力などはともかくとして彼は武藤より使える人材でしょう。
    ・彼が海南のナンバー2シューター(シュートだけなら牧以上?)であること
    ・努力家の神も宮さんの努力を認めている
    ・牧4人マークの奇策に対しても大活躍

    終盤はスコアラー牧+神・宮益のツインシューター+清田の爪+高砂のパスミスとチーム一丸の勝利でした。

    個人的にはスタメン小管、シックスマン宮益が妥当な気がしますね(^^)

コメントを残す

*