レイザー弱いとか言ってるヤツいるけど絶対強いだろ!【ハンターハンター】

どもっあいろんです!

ぼくも世界に星の数ほどいるハンターハンター好きの一人なのでなのでいろいろなサイトとかまとめを見るわけですよ。

その中でよく見るのがレイザーは弱いってやつ。

旅団を蹴散らしたのもカードのおかげで、強いのもドッチボールの中だけというもの。

そんなわけないやん!!

レイザー大好きなぼくがレイザーが強キャラである理由を紹介するZE!

スポンサーリンク

レイザーのまとめ

まずはレイザーのスペックや能力等のまとめ。

レイザーはG.I(グリードアイランド)の創設者のひとりでゲーム内の放出系のシステムを担当しています。超レアカードである「一坪の海岸線」を手に入れるために倒さなくてはならないボス的存在でもあります。

しかし基本は挑戦者もおらず暇なのでジムでずっと筋トレをしています。その結果肉体は締まりにしまっている。

確認できている能力は2つ

  • No.0からNo.13までの14体の念人形を作りだすことができる
  • バレーボールぐらいの大きさで船をぶっ壊すことができるぐらいの破壊力を持った念弾を作れる

優しそうな見た目とは裏腹にオーラを出すとめちゃめちゃ怖い。笑顔なのに目が笑っていないタイプの人です。(こういうタイプが経験上一番怖い)

すでに強キャラ臭が漂いまくっていますが追い打ちをかけるように強さの証明をしますよ!

ビスケに認められるほどの強さ

(引用:17巻35P)

ゴンの会心のアタックを寸分の狂いもなくレシーブするレイザーに対してのビスケの評。

ビスケといえばゴンの師匠のウイングの師匠でもあります。さらに地位も高く2ツ星ハンターです。年齢も見た目に反して高くババアでかなりの修羅場をくぐっているとみて間違いないでしょう。

強さも「クッキィちゃん」とかいうふざけた能力を持ってるくせに作中でかなりの強キャラに挙げられます。

さらにゴンとキルアの才能を見抜くなど人を見る目も確かです。2ツ星ハンターは後輩ハンターが一ツ星を獲得しないとなることができないのでそれも見る目が良いことの裏付けになると思います。

そんなビスケが本当に強い!!と言っているレイザーが弱いわけありませんやん!

旅団にも物怖じしない

この「本当に強い!!」発言はドッチボール限定のこと!とか言う人のためにさらなる裏付けがあります。

旅団のフィンクスも彼と対峙した時に「強ェなコイツ…」といっているのでもう間違いない!


(引用:15巻94P)

この頃はレイザーとドッチボールをするなんて夢にも思いませんでしたからね!普通に対峙した時に天下の旅団が強さを認めてるわけですからね。

フィンクスは旅団最弱のパンチぐるぐるおじさんとしてネタキャラにされていますがそれでも強キャラのはず…!腕相撲も旅団内で2位だし弱いわけがない。(白目)

「排除(エリミネイト)」のカードがあったことはありますが、A級首の旅団メンバー6人と対峙しても汗一つかかないレイザーは強キャラの鏡!

ゴレイヌもボコす


(引用:17巻9P)

作中屈指の人気キャラであるゴレイヌもレイザーのえげつねぇ攻撃の前にやられています。

特にゴレイヌの念獣が粉々になるシーンは衝撃的でした。しかもそれは助走抜きでのボールでした。

そんなボールですら圧倒的に「死」のイメージを持ってしまうほどの威力があったんですね。

レイザーは人気キャラのゴレイヌですらかませ役に回られせてしまうほどの実力の持ち主なんですね。

底知れない戦闘能力

レイザーの念弾の威力は底知れません。軽く打っただけで船を爆破したり、人の頭(ボポボ)を軽々破壊しています。

そんなレイザーが作中で本気を出したのは一度だけです。

最後の決戦時に念人形をすべて自分のオーラに戻して放った全力のスパイク。

これはゴン・キルア・ヒソカの三人がかりでようやっとギリギリ止められるほどの威力でした。

この時ゴンは止めることだけに専念していたので「硬」を使用していたはずです。それにもかかわらずボールには血がついている描写があるので完全に威力は消せずにダメージを負っていたことがわかります。


(引用:17巻61P)

確かにこだけの威力が出たのは、思う存分念を込める時間があるドッチボールの特性のおかげでもあります。

しかし実戦で威力は多少落ちるにしてもこのクラスの威力の念弾をポンポン撃ってくるレイザーの姿を想像するのは難くないでしょう。

しかもレイザーはG.Iのシステム管理にもオーラを使用しているはずなので、このスパイクも本当の意味での全力ではないのかもしれません。

逆にこの強さはG.I限定の制約だからっていうのもよく見ます。それは一理あるかもしれませんが、レイザーはもともとジンがハントするレベルの悪人だったので強さもかなりのものだったと予想されます。

なので戦闘能力はG.Iの内外でそんなに変わらないんじゃないかなーと思ってます。

勝負が終わるまでキャラが怖えぇ

レイザーはもともとはジンにつかまった死刑囚でした。

髪も染めていて当時は相当イキっていたことがわかります。

(引用:17巻88P)

いずれG.Iにやってくるゴンを「へ…殺してもいいってことかよ?」とジンをちょっと煽りながら問いかけるところもイキってる感じがしますよね。

ここのレイザーまだ人間味を感じるんですよ。

でもゴンを迎え撃つころには性格がめちゃめちゃ漂白されています。これが逆に怖いんっすよ!


(引用:16巻154P)

この顔とか怖すぎでしょ…表情は変わってないのに影がついただけでここまで印象が変わるものなのかと。

ここ最初に読んだ時はそりゃーもうチビりそうになりましたよ。

見た目はいい人なんだけど心の奥底には昔の悪人としての闇が見える感じ…

紹介が逆で先に出してしまいましたが回想の姿を見た時に、レイザーにもこういう時期があったんだなってすごい安心しました。

でもやっぱりいいやつ

上で怖えぇ怖えぇと散々言ってましたけどレイザーはいいやつだと思います。

レイザーの人生背景が語られるのはほんの2.3ページですがそれでもすごく引き付けられます。

この「だがうらやましかった」ってところはホント好きで、ここらへんを読むときはいつもこのコマでしばらく止まっちゃうんですよね。


(引用:17巻90P)

名前で呼んでもらえないようなろくでもない環境で育ったレイザーは人のぬくもりに飢えていたんでしょうね。

次のセリフの「生まれて初めて自分の名前を呼んでもらえた気がしたよ」はまさにジンによってレイザーが初めて人として認められたと思えた瞬間だったんでしょう。

ジンが信じたものを全力で信じるってところはパリストンとも通じる部分だなーと思ってます。(ここではゴンではなくキルア&ナニカですが)


(引用:32巻85P)

こう考えるとジンのカリスマ性ってスゴイ!(小並感)

まとめ

途中からレイザーの強さというか魅力の紹介になってしまいましたがとりあえずレイザーはすごいってことです。

登場期間は短かったのにこれだけのインパクトを残しているということはやっぱり良いキャラしてますよね。

やっぱりレイザーは最高や!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*