【ハンターハンター】カイトはなぜ女の子に転生したのか考察

ゴンがハンターを目指すきっかけになったカイト。

ゴンとジンの関係の間にいるカイトの存在は大きかったですよね。

ピトーに殺されたと思っていたら、いつの間にか一人称が「あたち」というロリコンのぼくでも顔が渋くなってしまうような女の子になっていました。

正直ここら辺は王がどうなっているのかとかゴンの治し方のほうに夢中になっていたのであんま気にしていなかったんですが…

なんでお前生まれ変わっとんねん!

ついでに性別も変わっとるやんけ!って感じですよね。

なのでカイトが生まれ変わった理由を調べながらまとめていく所存でございます。

スポンサーリンク

キメラアントの特性のおさらい

まずキメラアントがどのような特性を持っていたかのおさらいからしましょう。

特徴として挙げられるのはなんといっても「摂食交配」です。


(引用:18巻194P)

女王蟻がほかの生物を食べることによってその生物の特徴を彼女の子供たちに反映させることができます。これができるのはあくまで女王蟻のみ。

19巻の説明では彼女が産んだ子供たちには生殖能力がないことになっていましたが、女王が死んだ後に多くの師団長が王を目指し旅立ったことを見ると

女王が死ぬまでは兵隊たちは生殖行為を行わない」という認識でいいと思います。

むしろノヴさんによると、女王が死んだあとはその生殖能力をフルに発揮するそうです。

しかしあくまで次の女王を作れるのは王(メルエム)ただ一人です。

少し話がそれましたが、女王に食べられた場合のみ前世の記憶や特性が引き継がれる可能性があるということです。

そこらへんの兵隊に食われたらそれまでってことですね。

自分をカイトと言っているのは女王の子供

そしてカイトが生まれ変わったと思われる体について。

それは女王が死んだあとにコルトが取り上げた赤ん坊でしょう。この子は王がブチ破った腹の中にいたわけですから、王の双子の妹ということでいいはず。


(引用:19巻66P)

これは確定でしょう。この子をずっとコルトが見守っていたら「カイトです」って言い始めたわけですからね。

というかコルトはなんでこの赤ん坊の名前をレイナにしたんだろう…

兄妹でキメラアントに食われたもの同士通じ合うものがあって直感的にレイナの生まれ変わりだと思ったんでしょうか?

それとも人間時代に守れなかった妹を今度こそ守りたいという意味を込めてレイナと名付けたのか?

個人的には後者の方がしっくりきますねー。前者は間違ってますもんねw

レイナは下級兵士として生まれ変わってる

ちなみに本物のレイナは「シドレ」という名前でレオル団雑務兵として生まれ変わっています。

登場してからはずっと無言キャラだったのですが、下級兵には珍しく言葉がわかるということで幹部のヒナに重宝されていました。

キメラアント編の終盤にNGLへ戻り、彼女の母親の直感から実はレイナであったことが明かされています。

余談ですけどあんな姿なのに一発で娘とわかってしまうお母さんはすごすぎですよね。笑

しかもよく見ると2つの修道女像にお供え物をしているみたいなんで子どもたちが死んだってことはわかってるみたい。


(引用:30巻97P)

まあ血まみれの服やリボンが落ちてたらそう思いますよね。

でも心の中では信じられなくてずっとレイプ目でひたすら待っていたんでしょうか?考えただけで壮絶や…

話が脱線しましたが、コルトがレイナと言っていた子はレイナとは別人いうことがわかります。

32巻でゴンがカイトのところに行ったときにコルトがいなかったところを見ると、コルトもNGLに戻って3人で仲良く暮らしているのかなぁ?そうであってほしいです。

女王に食われて生まれ変わってた?

連載当時にネットでよく見かけるのがカイトが脳みそだけ女王に食われて転生したってやつ。

上でも述べましたが、記憶の引継ぎなどは女王に食べられないとできません。

確かに記憶にかかわる部位の脳みそを女王が食していれば記憶は引継がれてもおかしくはないですよね。

カイトは殺されたあとにピトーの能力によって操られて、念を覚えた下級兵士たちの練習相手として利用されていました。

ゴンと再会した時のおびただしい傷が、カイトがどれだけぞんざいに扱われていたかを物語っています。(ナックルたちがつけたものもありますが…)

そのカイトの頭を見てもしっかり髪もあって脳みそだけくりぬいている感じがしないんですよね。


(引用:21巻178P)

ディーゴ(偽)みたいにズラの可能性もありますがどうもしっくりこないです。

「気狂いピエロ(クレイジースロット)」の能力のおかげ

当時はそんな説があったんですが、32巻のジンの発言で転生についての謎が明かされます。

「アイツの気狂いピエロ『ゼッテー死んでたまるか』って思った時にだけでる番号がある」と言っています。

なのでカイトはおそらくピトー戦でその目をだして転生したということだと思います。

カイトが殺されたときは女王はすでに王を身ごもっています。なのでその双子の妹に転生したとしても矛盾はないと思います。

カイトの一人称の変化から考察

自分のことを「あたち」って言っていたカイトちゃんは、ゴンとあった時にはすでにどえらい成長していて一人称も「オレ」になっていました。

選挙編にどれくらいの時間がかかっていたかはわかりませんが、1か月も経っていないぐらいでしょうか?

その間にカイトの姿も性格も大きく変わってしまっています。

ここから考えられるのはカイトちゃんの時はまだしっかりとしたカイトとしての記憶がなかったのではないでしょうか?

これの理由は2つ考えられます。

  1. カイトとしての記憶、人格を思い出してきた
  2. 元々の体の女の子の魂が1つの体の中でカイトと同居している

1はキメラアントの成長スピードがめちゃめちゃ早いので、カイトも記憶を取り戻すのが早かったのではないでしょうか?

2の考えた方もかなり面白いですよね。カイトは成長してからは「あたち」とも「オレ」ともいっていますしね。

しかも懺悔しに来たコアラにはっきりと「おまえが撃ったあたち」と言っています。


(引用:32巻139P)

これはあのコアラが殺した女の子が、女王に捕食されて王の双子の妹になり、その体に転生能力でカイトの魂が乗り移ってきたと考えられますよね!

だからあの女の子にはカイトと、コアラに殺された女の子の2人の記憶(または人格)があると思います。

ゴンとしゃべっているときは一度もあたちと言っていないので使い分けはしっかりできてるみたいですね。

カイトは人気キャラクターなのでまた出てきてほしいですけど一通りストーリーに絡んだ気もするのでもう出てこないですかね~。

もっと成長したカイトちゃんが見たいのでぜひ出てもらいたいもんです。

関連記事

ハンターハンター34巻|クロロ対ヒソカ戦の解説&考察を全力でしたよ!

ヒソカは強い?弱い?ハッキリさせようじゃないか♠

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*