眞子さまの婚約者エリート「小室圭」に勝っている所を探してみた

どもっあいろんです!

眞子さまが近くに婚約することを発表されましたね!

いやーおめでたいです!ゲス不倫などの暗いニュースが多く流れる暗い世の中に放たれた一筋の光といえるのではないでしょうか!?

その気になるお相手というのが「小室圭」という謎の人物。

噂によるとそうとうスペックが高い男みたいですね。

「皇族と結婚して有名になりたいから猫かぶってるだけじゃねえのか!?オォン!?気に入らねぇ!気に入らねぇぞ!!」

と一方的に敵対心がわいてきたので、

この「出社するだけでニュース速報が流れる男 小室圭」に勝っているところを全力で探してみました。

スポンサーリンク

小室圭のプロフィールと対決!

まずはプロフィールから勝負!!

現在25歳

さっそく26歳のぼくの1勝ですね!

同じ中学校だったら小室圭に購買でパンを買わせにパシらすことができたはずです。

出身 神奈川県横浜市

おっおう、いいところ住んでるじゃねぇか…。愛知県名古屋市のぼくはやや不利か?

手羽先と味噌カツしかないですしね名古屋…。

趣味 バイオリン・スキー・料理

な、なんて隙のない趣味なんだ…。

「バイオリン」で教養の高さをアピールしつつ「スキー」でアウトドアな一面も見せる。そして「料理」で家庭的な男であることも証明させる。ジャンプでいえば「 友情・ 努力 ・勝利」とこれ以上ない3拍子揃った趣味といえるでしょう。

趣味が「マンガ・ゲーム・睡眠」なぼくには付け入るスキもありませんわ!完敗です!

最終学歴 ICU国際基督教大学

これは早稲田大学卒のぼくでも対抗できるのでは!?(3留してますけど)

偏差値的にもひけを取ってないのでこれは互角といえるでしょう!(3留してますけど)

大学在学中に湘南エリアをPRする「海の王子」としての活動

海の王子て!かっこよすぎるだろ!

普通にさわやかなイケメンだからあんまり違和感ないんだよな~。

ぼくがこれまでの人生でつけられたあだななんて「顔面ホームベース」ぐらいです。

これも海の王子 小室圭」に完敗ですね。

法律事務所で勤務しながら一橋大学大学院通っている

こいつ化け物なのか!?

だれがどうみても「THE・エリート」ですやん!

3留してから何とか卒業して1年ニートしてから独立した兄の手伝いをしているぼくには到底かなわない肩書きでございます。

 

 

小室圭のスペック・エピソードと対決

次はかれのスペックやエピソードに焦点を当ててみます!

母親はケーキ屋勤務で家計を助け、自身でも高校時代からアルバイトをして、実家を助けている。

私立大学の学費を7年間も払わせ続けたぼくとはまさに正反対な彼。

大学時代もアルバイトをして学費の足しにしていたそうです。

人はどう育てられたらここまで聖なる心を持つことができるのでしょうか!?

TOEIC950点

TOEICの満点は990点です。

ちなみにソフトバンクではTOEIC900点で100万円の報奨金がもらえるそうです。

900点でそれぐらいすごいのです。

950点はマジで化け物クラスです。

ぼくには彼には勝てない。

英検4級のぼくは彼には決して勝てない。

学校生活をダークチョコレートのようだと称すセンス

小室圭さん(尊敬と畏敬の念を込めて「さん」付けさせていただきます)はお母さんに

「学校生活をダークチョコレートのようだった。どれだけその甘さとほろ苦さにうっとりしたかはかりきれません。お母さんこの学校で学ぶ機会をくれてありがとう。」

というシャレたメッセージを送ったそうです。

いままでどのように生きたら「学校生活をダークチョコレートのようだった。」と言えるセンスが育まれるのだろう

「母の日にはカーネッションあげとけばいいんじゃい!」と長年開けていなかった瓶のふたのように固くなってしまったステレオタイプ脳なぼくには一生かけても浮かばないセリフであることに間違いないでしょう。

 

ワイの完敗や!!

小室圭さんのことを調べて勝っているところはかなしいかな年齢だけでした。(ぶっちゃけただ歳食ってるだけです)

エリートという言葉は彼のためにあるんじゃないかと思うぐらい完璧な人物ですね!

この闇と欲望がうずまく混沌とした世界からこんな聖人が生まれるものなのか!?と心底感心してしまいました。

調べている途中から応援したくなるぐらい素晴らしい人です。

はやく眞子さまとお二人で揃ったお姿が見たいものです。

小室圭さん!ご婚約おめでとうございます!眞子さまとお幸せになってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*