【ハンターハンター】カキンの王子たちの系統は何系なのか妄想

どもっあいろんです!

カキン帝国14人の王子たち。

ツェリードニヒをはじめ彼らも念能力を使えるようになりそうです。

しかし彼らが何系能力者かはきっと明かされることはないと思うのでさくっと勝手決めてみました!

スポンサーリンク

ヒソカのオーラ別性格分析

判別は7巻のおまけコーナーのヒソカのオーラ別性格分析を使いたいと思います。

内容はこんな感じ

強化系  単純で一途
操作系  理屈屋・マイペース
変化系  気まぐれで嘘つき
放出系  短気で大雑把
特質系 個人主義者・カリスマ性有り
具現化系  神経質

これを参考に当てはめていこうと思います。

第一王子 ベンジャミン

(引用:33巻169P)

彼はかなり短気です。

ツェリードニヒに軽く「てーのー」と挑発されただけライオンをぶっ殺したりします。

なので最初は強化系と思っていました。

しかしその一方で冷静になれば物事を理詰めで判断することもできます。

なので放出系操作系が近いかなぁと思います。見た目は完全に強化系だけどw

今のところ王子の中で唯一念能力が使えることが分かっているので能力のお披露目もありそうですね。

第2王子 カミーラ


(引用:33巻169P)

彼女は究極の自己中でワガママな女です。

すべてが自分の思い通りにならないと気が済まない性格をしてます。

母親にも命令するぐらいの自分本位っぷり!

性格分析の中だとマイペースが当てはまってきそうなので操作系っぽい。

彼女は念を使えるか判明していないです。

しかし、他の王子を殺すのに自信満々なのが彼女の性格からきているのか、何か能力を持っているのかがわからないところ。

なんとなく前者っぽいけどw

第3王子 チョウライ


(引用:33巻169P)

チョウライは王子達の中ではかなりの人格者。

ほかの上位王子たちのイカレっぷりを見るとまともな人だと思います。

正直当てはまりそうなのもがないのですが神経質っぽいので具現化系かなぁ。

人柄的に強化系放出系はないと思うのでここらへんですかね。

第4王子 ツェリードニヒ


(引用:34巻153P)

こいつは間違いなく特質系でいいと思います。

第9王子のハルケンブルグが唯一認めるぐらいのカリスマがありますからね。

カリスマはカリスマでも悪のカリスマですが…

護衛のテータにも

この人…天才だ…!!

といわれるぐらいの才能を持っています。

念修得の速さからしてもゴンとキルアを超える逸材かも。

第5王子 ツべッパ


(引用:33巻171P)

第5王子のツベッパ。

多分男なんですが若干口調が女っぽくてまっだ正確に性別が分かっていません。

薬品をいじったりホワイトボードに数式が書いてあるのを見て勝手に理系だと思ってます。

文系であるぼくの

理系=理屈屋

という偏見を採用して操作系にしたいと思います。

 

第6王子 タイソン


(引用:週刊少年ジャンプ35号)

彼女のかなりぶっ飛んでます。

タイソン教なるものを作って経典まで存在します。

全人類がタイソン教徒になった時!!真の世界平和が訪れるの!!

とヤバいこと言っちゃってるあたり単純な強化系でしょうか?

大穴でカリスマ性アリの特質系か…

でもイズナビは経典の1文見ただけで引いてるんですよねw

誰もついてきていない可能性アリ。

関連記事:クラピカの師匠イズナビがタイソンの護衛になれたのはおかしい

第7王子 ルズールス


(引用:33巻171P)

第7王子のルズールス。

ハンター試験に暗殺の任務を教えた状態で兵を送って失敗したりと大雑把な印象。

あとこいつは基本的にハッパしかやっていません。

なので頭の方もパッパラパーだと思っていましたがそうでもなさそう。

バショウの「国王になるのが一番の近道じゃないか?」という問いにも

そんな甘くねーよ!

と意外と継承戦が一筋縄ではいかないことを認識してます。

放出系かな?

第8王子サレサレ


(引用:33巻171P)

第8王子のサレサレ。

ヤリ〇ン印象しかない。常に女を侍らかしています。

緊迫した継承戦の最中でも女と一緒に踊る、寝るなどかなりマイペースな印象。

なので操作系じゃないでしょうか?

第9王子 ハルケンブルグ


(引用:33巻171P)

第9王子のハルケンブルグ。

彼は王宮の内外から多くの支持者を集めるカリスマです。

クラピカのプロファイリングでは

  • 負けん気が強く力を誇示するタイプ
  • 自尊心・自制心が強くそれを周りにも求めるタイプ

ということもわかっています。個人主義者?

ちかいのはやはり特質系でしょうか?

ハルケンブルグは船内で夢のような幻覚をみています。

これが彼の自覚していない念能力、念獣の力なら特質系の可能性が高そう。

第10王子 カチョウ


(引用:33巻172P)

第10王子のカチョウ。

カチョウは自分を偽っていることをセンリツが感じ取っています。

カチョウの偽りの像は、継承戦のためにわざと作られたものだとは思います。

しかし他に候補がいないのでとりあえず変化系ということにしておきますw

第11王子 フウゲツ


(引用:33巻172P)

第11王子のフウゲツ。

フウゲツは今のところかなりおとなしい印象。

姉のカチョウとの写真を見ながら涙するなど内気な性格だと思います。

神経質っぽいので具現化系だと思います。

第12王子 モモゼ


(引用:33巻172P)

第12王子のモモゼ。

モモゼは親のセヴァンチからからかなり嫌われています。

しかもかなりおとなしい印象がありましたが他の王子を

王の器でない者はあんなにも怯えふためくのですね

とかなり肝の据わった姉ちゃんだと判明。

念獣の「おヒマ?」ちゃんも操作能力であることを考えるとやはり操作系かな。

第13王子マラヤーム


(引用:33巻172P)

第13王子のマラヤーム。

彼はひたすらペットのハムスターを見続けています。どこでもハムスター。

食事の際も同じテーブルにかごを置くほどです。

マラヤームが登場するシーンは必ずといっていいほどハムスターもいます。

ここまでくるともうハムスターを具現化してもらいたいので具現化系にします。(法則無視)

第14王子ワブル


(引用:33巻172P)

オイト王妃の一人娘のワブル。

まだ赤ん坊で性格がぜんぜんわかりません。

ワブルは、事あるごとにすぐ泣くので神経質ということで具現化系にします。(適当)

スポンサーリンク

まとめ

ということで王子たちに系統をつけてきました。

まとめると

強化系
タイソン

操作系
ベンジャミン、カミーラ、ツベッパ、サレサレ、モモゼ

変化系
カチョウ

放出系
ルズールス

特質系
ツェリードニヒ、ハルケンブルグ

具現化系
チョウライ、フウゲツ、マラヤーム、ワブル

のようになりました。

操作系が多くなってしまった印象。マイペースって最強やな!

王子たちの性格が意外と性格分析に当てはまらなくて焦ったのはここだけの話。

「こいつは○○系じゃね!?」って思ったらコメントください!

お待ちしてまーす!

関連記事:【随時更新!】ハンターハンター カキン王子と念獣まとめ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*