【レビュー】グラビティデイズ2の感想と評価|正統な進化を遂げた良ゲー

どもっあいろんです!

2017年1月に発売されたPS4「グラビティデイズ2」のレビューをしていきたいと思います。

前作から5年の期間が空き、期待値も高かったのですがそのハードルをやすやす越えてきてくれました!

スポンサーリンク

グラビティデイズ2の良かった点

大幅に増えたボリューム

前作の不満点であったボリュームの少なさを本作はかなり改善してくれています。

メインストーリーはもちろん、特にサイドミッションが大幅に増えました。

なので「サイドミッションばかりしてしまってメインストーリーがなかなか進まない」という贅沢な悩みもできました。

さらにハードがPS4になったことによりできることも格段に増えています。

  • 重力モードに種類が増えた
  • 写真モードの追加(ポーズも様々)
  • 家具を設置が可能に
  • 採掘所でのジェム集め
  • 装備(タリスマン)の合成
  • 大幅に追加されたコスチューム
  • オンライン要素によるダスティトークンの追加
  • 無料大型DLC「クロウ編」の追加
  • ミッションの種類の増加

などざっと挙げてもこれだけあります。

前作をベースにやれることをできるだけ増やそうとした制作側の意欲が伝わってきました。

PS4でより爽快になった重力アクション

3Dの世界を飛び回るゲームなので慣れるまですこし酔うかもしれませんがそこからは本当に爽快です。

PS4のグラフィックが向上した街をビュンビュン飛び回る快感を味わえるのはこの作品だけです。

この感覚をもっと多くの人に味わってほしいです!

面白さのわりに知名度が低いんですよねぇ…。

さらにその重力スタイルも2つ増えました。

ルナチューン

これがぼくの中ではスマッシュヒット。

通常よりも身軽で「フワフワっ」と浮いているような感覚でうごくことができます。

クセが強いですがなれるとすごく楽しくて終盤はこればかり使ってました!

ユピトールチューン

こっちはパワー系の重力スタイル。

わらわら現れる敵を重力キックでぶっ飛ばしたときはくっそ気持ちいいです!

そのぶん陸での戦いは動きがノロくて使いづらいですが…。

このスタイルは移動スピードも早くなるので長距離の移動の時によく使ってました。

行くことができる町が大幅に増えた

前作のマップはもちろん新たに3つの大きな町が追加されました!

しかも上層は富裕層の豪邸が並ぶ街・中層は庶民の多く住む街・下層は貧困にあえぐ人たちのスラム街と分かれていてその街の社会システムも作りこまれていました。

なのでその街に行くだけでその街特有の世界観に浸ることができます

なのでずっとスラム街にいると心が落ち込みますけどね。笑

最終的には前作マップと行き来できるようになるので飛び回ってるだけで楽しむことができます。

PS4のおかげで重力システムを思う存分発揮できるようになりましたね!

キトゥンがかわいい

これだけはど~しても言いたかった。笑

このシリーズの主人公のキトゥン。

もうキトゥンが見たいだけで本作を買った人もぜったいいると思います!

それぐらい愛らしくて魅力的なキャラクターなんです。

詳しくはこちらに書いてあるのでどうぞ!

キトゥンはくさい?かわいい?魅力を徹底紹介!【グラビティデイズ】

追加されたオンライン要素

本作は「ダスティトークン」というオンラインポイントがあります。

これはミニゲームの記録や写真をオンラインで共有することでゲットすることができます。

これを一定数集めるとアイテムやコスチュームがもらえる仕様になっています

ぼくはこれ欲しさにひたすら「トレジャーハント」というゲームがやれる時はひたすらやった覚えがあります。泣

さらに「デルヴール採掘海溝」というやりこみステージも用意されていて、ゲームクリア後もユーザーを飽きさせないように配慮されています

グラビティデイズ2の悪かった点

ゲーム性にそぐわないステルス要素

本作には人を尾行したり、見つからないようにするステルスミッションがあります。

これがグラビティデイズのゲーム性とはマッチしていなかったように思います。

本来は街を重力無視でビュンビュン動き回るアクションゲームです。

それなのにその能力を封じてステルスミッションさせることはストレスがたまってしまいます。

見つかってしまう判定もいまいちよくわからずやり直しってことも何回もあったのでここは「うーん…」とならざるをえませんでした。

前作をやっていないとわかりずらい部分も

続編ということもあってストーリーが「1」の内容を知っている前提で展開されるのでプレイしてないとわかりづらい部分が出てきます。

さらに「1」と「2」の間を描いたアニメもあってそれを見ないと「2」の序盤の状況がわかりにくいと思います。

ぼくはプレイした時アニメをみていなかったので「なんでこんな状況になってんの?」と少し困惑気味でプレイしてました。

アニメはホームページで見ることができるのでまだ見てない人はご覧ください!

http://www.jp.playstation.com/op/gravitydaze/project/2016/12/Animation1228.html

グラビティデイズ2のまとめ

5年の期間を費やして誕生した「グラビティデイズ2」

ぼくとしては正統に進化した続編としてとても楽しむことができました

続編の予定はないそうですがいつかきっと作ってくれると期待し続けてます。

おすすめできるのは

  • アクションゲームが好きな人
  • キトゥンのデザインに一目ぼれした人
  • 今までにないゲームがしたい人

逆におすすめできないのは

  • 3D酔いがひどい人
  • 箱庭ゲーが嫌いな人

「グラビティデイズ2」/85点

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*