ブログの検索順位が下がった原因とたった一つの究極の対処法

どもっあいろんです!

ブログの記事の検索順位が下がってしまった

ブログを運営している人なら経験したことがあると思います。

ブログを始めて3か月のぼくもつい先日その経験をしました。

めちゃめちゃ焦りました。焦りましたが最終的にはそんなに慌てる必要はなかったな…という結論に至りました。

そんな話の過程を紹介していこうと思います。

ブログの検索順位が下がってしまって焦っている人にぜひ参考にしていただきたいです。

月間5000PVをやっと超えたばかりの弱小ブログの話なので、PV数がウン十万のようなブログを運営されている方の参考にはならないかも…

スポンサーリンク

検索順位を意識し始めた原因

まずブログ初心者のぼくが検索順位が気になってしまった理由からお話しします。

まだ一日のPV数が200程度をうろちょろしている感じでした。

そんなある日いきなりPV数が500近くまで上がっていました。

その要因となったのがこの記事。

ハンターハンター34巻|クロロ対ヒソカ戦の解説&考察を全力でしたよ!

6月26日に発売されたハンターハンター34巻の考察と解説をメインにした記事です。

これがよく検索されてこの記事とハンターハンターの関連記事で全体の半分ほどのPVを稼いでくれていました。

この時は「このままいけば月間1万PVも夢じゃないかも!?」という淡い希望を持ち始めていました。

しかしある日一気にPVが下がります。

一気に下がる

赤で囲ったようにPV数はピークの半分以下になってしまいました。

これはPV数をけん引していたハンターハンター記事のPVが一気に落ちていたのが原因です。

ハンターハンターの連載再開で盛り上がっているこの時期に検索ボリュームは落ちていないはず。(むしろ激増)

これはなんかおかしいぞ…

冷や汗をかきながらGRCのキーワードをチェックしてみると、この記事の関連キーワードの順位だけが軒並み下がっていました。

アクセスのメインとなっていた記事の検索順位の低下は痛すぎる…

「-」となっているのは圏外で、おそらく100位より下になってしまっているので検索で上位表示されることはまずありません。

ぼくのブログのアクセスほぼ検索からなのでこれだけキーワードの順位が下がっていたらもちろんアクセスも減ります。

つまりぼくのサイトのアクセスはGoogle様のご機嫌次第というわけです。

 

PV減少の原因が検索順位の急激な低下ということはわかりました。

ではなぜ急に順位がここまで落ちてしまったのでしょうか?

検索順位が下がった原因をいろいろ調べ考えてみた

メチャメチャ不安だったので片っ端から「検索順位 下がる」などで検索をかけて原因を探ってみました。

ぼくはなにかGoogle様のご機嫌を損ねることをしてしまったのでしょうか?

1.Googleのアルゴリズムのアップデート

Googleはユーザーの満足のいく情報を提供するために日々改善を行っています。

そのため大きなアップデートが行われると検索順位が大きく入れ替わることがあります。このアップデートで軒並み順位が下がってしまったサイトの運営者の方もいらっしゃいます。

ブログの検索順位が一気に下がった/妄想SEO

最近のアップデートだとキュレーションメディア対策のものが話題になりましたよね。

しかしぼくが記事を上げた付近では大きなアップデートがあったという情報は見当たらないのでこれは違う。

2.ブログのカスタマイズや施行によってマイナスなポイントがあった?

良かれと思った自分のサイトのカスタマイズが時にマイナスな評価を受けてしまうみたいです。

この時ぼくはサイトのカスタマイズは行っていなかったのですが、アクセスがほぼない20記事(全104記事中)をno index状態にしました。

no indexとはどのようなキーワードで検索しても検索結果に表示されない状態にすることです。

これをした理由はサイト自体の評価を下げてしまう恐れがあるという記事を見たからです。

noindexの使い方

これは可能性があると思い元に戻すか検討をしていました。

3.サイトに重大な問題がないかSearch Consoleで確認

Search Consoleにサイトを登録してある場合は、サイトがペナルティーを受けた時にメッセージが届くらしいのですがこちらも問題ありませんでした。

4.namaz.jpで順位変動を確認

Googleのアルゴリズムの変化やアップデートがあった時には検索順位にかなり影響が起ります。

その変動をチェックするサイトがnamaz.jp

ぼくが調べたときはこちらが「不安定」の状況になっていたのでこれも影響している可能性があります。

5.一度順位が上がったのはGoogleハネムーンの影響だった?

できてからまだ数か月ののブログって恐ろしいほどアクセスがないんですよ。

だからアクセスが少なすぎるとGoogleからしてもそのサイトが良いサイトなのかが判断できないんです。

なのでGoogle先生が「新参者の検索順位を上げてあげて、滞在時間や直帰率のサンプルをたくさんとっていいサイトか判断したろっ!」としているのがGoogleハネムーンです。

このGoogleハネムーンは正式にGoogleから認めてられているわけではありませんが社員さんもそれを認める発言をしています。

Q: 一度に大量のコンテンツを公開すると検索からのアクセスが一気に伸びるが、しばらくすると今度は急降下することを経験している。新規公開したコンテンツは本来よりも高く評価されるように見えるのだがどうなのか?
A: そういう仕組みが確かに存在する。ユーザーがそのコンテンツに興味を持つか確かめるためだ。

(引用:ページの表示速度は日本でもランキング要因になっていた 〜 Google社員に尋ねた11個の質問 at #SMX Advanced Seattle 2012)

ということはぼくの記事はGoogleハネムーンで一時的に上がったものの、クソみたいな出来だったので順位を落とされてしまったのでしょうか?

でもこの記事に関しては正直そこそこ自信があったんですよ。

セッション時間や直帰率のデータなどを見ても他の記事と比べ物にならないくらい良い数値でした。(あくまで僕のブログの中ではですが)

なので急激な順位の低下にはどうも納得がいきませんでした。

6.その他の考えられる原因

このほかにも「過剰なアフィリエイトリンク」、「過度の被リンク」、「重複コンテンツの存在」などの原因をチェックしてみましたが、結局『これが原因だ!!』と確信できるようなものはありませんでした。

しばらく何もせずに待つのが得策

結局原因が分からずにいた時、参考にさせていただいたサイトにこんなことが書いてありました。

上記のチェックを行っても、イマイチ理由がハッキリしないというなら、ここは焦らず様子をみて下さい。検索エンジンの順位は日々細かく変動しています。ランクダウンは一時的で、数日後に元の順位に戻って、その後は上位のまま。「一体先日のランクダウンは何だったんだ??」というケースもあります。

検索エンジンを欺くようなSEO対策を行わず、ユーザー視点の価値ある情報発信ができている自身があるのであれば、焦らずドッシリ構えていて下さい。(原文ママ)

(引用:焦ると逆効果。検索順位が下がった時にまず確認すべき事とは?)

確かにブログ初心者のぼくが下手に対策を練っても逆効果だと思い(死ぬほど気になりましたが)しばらくなにもせずに見守ってみることにしました。

すると1、2日後にはどのキーワードも前より上の順位に上がっていました。

PV数も順位が下がる前よりも増えてきました。

これも一時的なものでまた順位が大きく変動して下がるかもしれませんがしばらくは静観したいと思います。

ぼくが見た中では順位の変動を静観する期間に2~3週間を目安にしているサイトが多かったのでそれを参考にするつもりです。

なのであなたも検索順位の下がった記事のクオリィティにある程度自信あってこれといった原因もわからない場合はしばらく放置するのが一番の対処法だと思います。

順位が気になるのはすごくわかりますがそれはひとまず放っておいて次の記事をつくった方がサイトのためかな?と感じています。

ぼくのこの体験が少しでも参考になっていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*