ゲーム歴25年のぼくがゼルダ最新作をおすすめする3つの理由

3月3日に全世界のゲーマーがまちにまった

ゼルダの伝説シリーズ最新作「ブレスオブザワイルド」が発売されました。

発売まえに外国のゲームサイトはほとんど高評価をつけていて日本での期待もとてもたかい作品だったんですよ。

でも、ぼくはあんまりゼルダの伝説に対してぶっちゃけいい思い出がなかったんですよね。

小学生の時にプレイした「ムジュラの仮面」もメチャメチャ怖くてなげだしちゃいましたもん。

このゲームは同じ3日間をなんどもくりかえして月がおちてくるのを止めるお話なんですけど
その月が絶望的な怖さなんですよ……

このフェイスがどんどん近づいてくるんですよ!?
142413576075906292179_0551231354
当時9歳、夜のトイレも怖くて行けないジャリボーイがクリアするにはとても見れたもんじゃないですよ。

この月がトラウマなゲームユーザーはぼくだけではないはず…

風のタクトもやったんですけどどーも猫目リンク君に馴染めず挫折……(w_-; ウゥ・・
images

そんなわけで当時のトラウマをふっしょくする意味でも最新作を購入&プレイしてみました。

 

それがこちら!

 

ドンッ!!!
IMG_8783

ワクワクさせられるパッケージですね!!

ニートであることを最大限に生かしてこの10日間で170時間ぐらいはプレイしました笑
このげーむほっっんとやめるタイミングが見つからなかったですね!

発売されて10日でこれだけやりこんだぼくがプレイして今回のゼルダはここがスゴイ!
って感じたことを3つ挙げてみました。(すべて書こうとしたらきりがないのでとりあえず今回は笑)

スポンサーリンク

マップの広さが尋常じゃない

なんかありきたりな表現になっちゃってますけどほんとすごいんですよ!

ネットを見ていたら面白い画像があったので貼っておきます。

521b979e-s

なーんだこの画像………?

 

実はこれ他作品とのマップ比率なんですよね。

水色がスカイリム

青色がゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
黄色がゼルダの伝説 風のタクト
赤色がゼルダの伝説 時のオカリナ

といった具合になっています。

5Yt6h

これには利休殿もビックリ!

風のタクトは船を使って航海していくゲームなのでプレイした時も相当広く感じたんですけどそれと比じゃないくらいマップが広いんですね。

今回のゼルダは誇張抜きに見える場所にはどこでも行くことができます。

例えばこちらの画像なんですけど
BlogPaint

左上のあかい火山にいきたいなーっておもったら

この場所からでも馬を使って平原を駆け抜け山の崖をクライミングしたり

パラセールを使って空を滑空
したりして、たどり着けちゃうんですよね。

そして黄色でかこった右のほうに見える橋に行きたいと思ったら

背中の盾をそりのかわりにして山を滑ったり

直接海を泳いでいくこともできちゃいます。

10日間ぶっ続けでやっているぼくにも見つけていない場所がまだまだあると思います。

2.自由度が半端じゃなく高い

今作のゼルダをプレイしていて感じる悩みはやれることが多すぎて
逆にやれないことが目立ってしまうという何とも贅沢なことになっています。

今作はなんと女装もできます笑

IMG_8791

先ほど挙げた移動手段一つにとってみてもそうなんですけど

ひとつの目的クリアの手段がプレイヤーの数だけあるんですよね。

またまた例をだしてみると

InkedIMG_8787_LI

赤まるで囲ったゴツいモンスターを倒すとするじゃないですか?

従来のゼルダだったら剣で倒すなり爆弾を投げたり
自分のアイテムを使って倒すのがふつうだったんですけど

このゲームではフィールドにある目の前の大岩を押して転がして
あてるだけで倒しちゃうこともできるんです。

普通に戦ったらメチャメチャつよい敵を一工夫してたおせたときの
快感といったらないですよ!病みつきになります!!

3.ゼルダワールドにいる様々な魅力的なキャラクター

ゼルダの伝説シリーズは個性的なキャラクターが多いことが特徴の一つなんですけど
今作もそれは健在しています。

ぼくが好きなキャラクターのひとりはこのおんなの人(キャラクター名リッスン)

IMG_8794

この女の人何やってるかわかりますか?

かかしを男の人にみたててデートの練習をしているんですよ笑

今作は女性しかいない町も存在するんです。そこの女性たちは男の人に
なれていない人が多いのでこうやって日々特訓してるんですよね。

その練習を邪魔して何度も話しかけると怒られますヾ(^-^;)

unnamed

こんな気のつよい娘がこそこそとデートの練習をしているのが
なんか愛らしさを感じますよね。グッときちゃいました(*゚ー゚)>

こういったキャラクターたちが一つのまちに何十人もいて

さらに朝昼晩とじかんによって行動やセリフもかわるので

キャラクターの一日を追っているだけで何時間も過ぎてしまった

なんてこともよくあるんですよ笑

ほんと時間泥棒だ……

この3点がゼルダの伝説最新作をプレイして

ぜひ多くの人にプレイしてもらいたいと感じた理由になります。

またあたらしい発見や魅力的な点を記事にしていきますのでよろしくお願いします(^-^*)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*